坐骨神経痛について

坐骨神経痛でつらいあなたへ

こんなお悩みでお困りではありませんか?

  • お尻に痛みやシビレがある
  • 太ももに痛み、シビレ、つっぱり感がある
  • 足の付け根に痛みがある
  • ふくらはぎに痛み、シビレ、つっぱり感がある
  • 足首からすねに痛み、シビレがある

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛は、腰から足にかけて伸びている坐骨神経が様々な原因で圧迫・刺激されてしまい、腰痛から始まり、徐々にお尻や太もも・ふくらはぎに張りが出てきて、足の痛み、シビレ等の症状が引き起こされます。

原因

梨状筋症候群

梨状筋という、お尻を横切るようについている筋肉の中を通っている坐骨神経が圧迫されて起こる痛み。

腰椎椎間板ヘルニア

背骨は椎体という骨と、その骨と骨の間をクッションの役割をする椎間板が交互に積み重なっています。椎間板の中には髄核というのがあって、椎間板から髄核が押し出され、押し出された髄核が神経を圧迫することで痛みやしびれるような痛みが起きます。
腰の部分で上記のような状態になるのが腰椎椎間板ヘルニアといいます。

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄背骨は、頭部と骨盤を結び、からだを支える役割があります。脳から背骨に沿ってのびている神経を保護する役割もあります。その神経が通っている隙間を脊柱管といいます。
腰部脊柱管狭窄とは、腰のあたりにある脊柱管が狭くなって神経が圧迫された状態のことをいいます。

特徴的な症状として、間欠性跛行(かんけつせいはこう)があります。間欠性跛行とは少し歩くと、足が痛くなったりしびれたりすることで歩けなくなり、少し休息すると、また歩けるようになること。

背骨や骨盤のゆがみ、筋肉のコリ

悪い姿勢での立ち方、座り方などから、骨盤や背骨のゆがみやズレ、筋肉のコリが生じて「痛み」「シビレ」などの症状がでてきます。

予防法

  • 正しい姿勢
  • 質の良い適度な睡眠
  • からだを冷やさない
  • ストレッチなど適度な運動

日頃からの生活習慣や姿勢が肝心です!ムリはしないように心がけてください。

坐骨神経痛を根本から改善します

症状が改善するまでの時間には個人差があります。長い年月、悪い状態が続いたからだは、『異常が正常』と勘違いして、脳が記憶しています。
そのため、整体を受けて1度は楽になっても、元の悪い状態に戻ろうとします。つらくなってからの来院を繰り返すと、なかなか悪い状態から抜け出せません。

元の悪い状態に戻る前に先手を打ち、整体を続けることで身体に変化が出てきます。 

痛みを起こす要因を排除し、身体をケアすることで症状はより早く改善されていきます。あきらめずに症状は良くなると信じて、元気な自分をイメージすることも大切なことです。

元気な家族

当院の整体は、小さなお子さまやご年配の方でも安心して受けていただける痛みのないやさしい治療法です。

ソフトな力で背骨や骨盤のゆがみを整え、筋肉の奥深くにあるコリを解消し、痛みやシビレのない本来のからだの状態へと導きます。過去にボキボキと骨を動かす施術を受けて不安な方にも、安心して受けていただけます。

笑顔に満ちた毎日を過ごせるようにあなたを応援します。