慢性的な疲れについて

いつも疲れを感じているあなたへ

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 体が疲れやすい、朝起きることができない
  • 慢性的な微熱、低体温
  • 不眠、日中に眠気がある
  • 耳鳴り、耳が詰まった感じがする
  • ノドの異物感、口が渇く
  • 動悸、息切れ、うまく息を吸い込めない
  • おなかが張った感じがする
  • 脱力感、手足の冷え、ほてり
  • 首や肩の凝り、関節の痛み 

このようなお悩みがあるのなら
からだ工房整体院で改善できます

その疲れ、自律神経の乱れが原因かも?

体の中で脳と各組織をつなぐ役割をしているのが神経です。体のなかでいたるところに神経が広がっていて、体の機能を正常に保つために、神経を通してさまざまな指令や情報が行き来しています。

神経は、脳や脊髄にある「中枢神経」と、全身にある「末梢神経」に大きく分けることができます。
さらに末梢神経は「体性神経」と「自律神経」に分けられます。この自律神経は、心臓やさまざまな内臓器官に関わる重要な神経で、意図的にコントロールすることはできません。

しかし、末梢神経である体性神経は、おもに運動機能に関わる神経で、意図的にコントロールできる神経です。

自律神経は「交感神経」「副交感神経」の2つに分けられ、この2つの神経がバランスをとりながら働いています。
体の部位や体内外の状況に応じて、アクセルとブレーキのような役割を果たしています。
自律神経を乱れさせないためには、この交感神経と副交感神経のバランスを崩さないことが重要です。

日中起きているときには交感神経が優位に働いて心臓を活発に動かしています。
反対に寝ているときには副交感神経が優位に働いて、ゆっくりと心臓を動かしています。
交感神経と副交感神経は相反する働きを行いそのバランスによって体をうまく調節しています。
この自律神経に異常をきたしてコントロールできなくなること原因を自律神経失調症といいます。

自律神経が乱れる原因

①ストレス

ストレスを感じることで、体内では交感神経がコントロールする副腎皮質から「副腎皮質ホルモン」が分泌され、
同時に副腎皮質の中ではアドレナリンなどが分泌されます。副腎皮質ホルモンやアドレナリンには、血糖値上昇や血圧上昇、免疫抑制、胃酸分泌促進、覚醒などを引き起こす作用があり、交感神経を優位にする働きがあります。

ストレスを受け続けると交感神経が優位になり続けてしまうため、副交感神経とのバランスも崩れてしまい、その結果、心身の不調を引き起こしやすくしてしまうのです。

人がストレスを感じる内容はさまざまで、人間関係や仕事のプレッシャー、緊張といったものだけでなく、過労やケガ、
温度、音、光などが原因のストレスも、自律神経の乱れを引き起こしやすくします。何に対してストレスを感じるのかは個人差があるため、日頃から自分が何でストレスを感じやすいかを把握して、なるべくリラックスできる環境で生活することが大切です。

②心身の疾患

ストレスや生活習慣だけでなく、心身の疾患が原因となって自律神経のバランスを乱してしまうこともあります。

過剰な精神的・身体的ストレスが原因となって発症する自律神経失調症は、乱れがちだった自律神経がさらに乱れてしまう、という悪循環に陥ってしまう疾患。
更年期障害では、女性ホルモンの分泌が急激に減少し、自律神経が乱れてしまいます。症状としては突然のほてりやのぼせ、めまいや頭痛などの不調が挙げられます。

③不規則な生活

本来、人の体は規則的な生体リズムのもと、さまざまな器官がその役割を果たしています。
しかし、慢性的な睡眠不足や栄養バランスの偏った食生活、昼夜逆転の生活といった不規則な生活習慣を送り続けてしまうとリズムが狂い、自律神経のバランスも乱れてしまいます。ストレスを軽減させるためにも、規則的な生活を送ることが大切です。

疲れが抜けない毎日を、元気で健康的な毎日へ

当院の整体は、小さなお子さまやご年配の方でも安心して受けていただける、ソフトな力で背骨や骨盤のゆがみを整え、筋肉の奥深くにあるコリを解消していく痛みのないやさしい治療法です。過去にボキボキと骨を動かす施術を受けて不安な方にも、安心して受けていただけます。

からだを本来の状態に整えることにより、自律神経が整います。自律神経が整うことによって睡眠の質も改善され、ぐっすり眠れるようになります。寝てもなかなか取れなかった疲労感、睡眠の質が向上することで疲労を効果的に回復することができ、スッキリとした朝の目覚めに変わります。

原因を的確に整えることで、あなたのからだが回復していく「自然治癒力」が高まり、疲れやストレスに負けないからだに変わっていきます。

症状が改善するまでの時間には個人差があります。長い年月、悪い状態が続いたからだは、『異常が正常』と勘違いして、脳が記憶しています。
そのため、整体を受けて1度は楽になっても、元の悪い状態に戻ろうとします。つらくなってからの来院を繰り返すと、なかなか悪い状態から抜け出せません。

元の悪い状態に戻る前に先手を打ち、整体を続けることで身体に変化が出てきます。 

痛みを起こす要因を排除し、身体をケアすることで症状はより早く改善されていきます。あきらめずに症状は良くなると信じて、元気な自分をイメージすることも大切なことです。

笑顔に満ちた毎日を過ごせるようにあなたを応援します。