四十肩・五十肩・慢性肩こりについて

腕をあげる時の激痛でお悩みのあなたへ

gojyuukata

毎日の生活の中で多くの負担がかかってしまう肩まわりの関節や筋肉。背中が丸くなった状態で、パソコンやスマホを長時間使用することでさらに肩周辺への負担が増えてしまいます。

こんなお悩みでお困りではありませんか?

  • 腕を上げると肩が痛い
  • 服を着る時に痛みがある
  • 肩甲骨の内側がいつも凝っている
  • 洗濯物を干すのが痛くてつらい
  • 髪の毛を洗う時に痛みがある 

その痛み、薬や器具を使わずに改善できます

整形外科や接骨院に通ってみたけど良くならない痛み…
からだ工房整体院なら解決できます

からだ工房整体院が
痛みを改善できる3つの理由

自然治癒力最大限に高めます

施術

  • 身体を本来の状態に整えることで、自ら回復しようとする「自然治癒力」が高められるのでしっかり効果が得られます。
  • 痛みの原因にアプローチします。

他院では…

  • つらい部位をもみほぐすだけだったり、つらくなったらまた来てください…という対処療法

カウンセリングと検査を大切にします

問診

  • カウンセリングと検査で痛みの原因を明確にします。
  • あなたと当院で共通の目標や認識を持って施術計画をご提案します。

他院では…

  • すぐに施術に入って痛みの原因がわからないままだったり、説明がわかりずらかったり…

再発防止のための生活指導を行います

  • 痛みが再発しないように日々の生活の中での注意点をアドバイスいたします。

痛みが解消された後、生活習慣が改善されなければ、同じような痛みが再発する可能性があります。痛みが再発しないように、あなたとってに最適なアドバイスをさせていただきます。

他院では…

  • 一般的な簡単なアドバイスや説明でよくわからなかったりなど…

あなたも効果を確かめてください
肩の痛みが楽になりました。

五十肩でお悩みのKさま(新潟市在住/60代/女性/主婦)

肩が痛くて上がらなかった腕が上がるようになりました。

※施術効果には個人差があります

痛みや症状の改善だけじゃない⁉4つのメリット!!

姿勢が美しくなります

正しい姿勢骨格、筋肉、神経のバランスが整うことにより、姿勢がさらに美しくなります。

背筋がピンと伸びたきれいな姿勢は、見た目だけではなく呼吸もしやすくなり、代謝もよくなります。より健康的なからだへと変わります。

「もっと〇〇したい」という想いを実現できます

痛みのない未来

  • もっと子どもとおもいっきり遊びたい
  • もっと家事をラクにこなしたい
  • もっと仕事や勉強を頑張りたい
  • もっとスポーツや趣味を楽しみたい…など

そんな想いを実現するためのお手伝いをします。今までは痛みや不調のせいでガマンしていたこと、痛みを改善して人生をおもいっきり楽しんでください!

「笑顔」が増えます

egaonooyako

痛みがなくなることで、笑顔になることが増えるでしょう。

そして、あなたのまわりの人を今よりもっと元気にしてあげられるでしょう。

「自然治癒力」が高まります

痛みや症状の原因を的確に整えることで、あなたのからだが回復していく「自然治癒力」が高まり、疲れやストレスに負けないカラダに変わっていきます。

「私のも楽になるの?」と不安なあなたにご提案です。

あなたに合うか受けてみてください! 是非、施術後の変化を体験してください

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)

一般的に「四十肩」や「五十肩」といわれている肩の痛みは、「肩関節周囲炎」という病気の俗称です。

四十肩、五十肩のセルフチェック!

  1. 両腕を前から、耳の後ろまでまっすぐあげる
  2. 両腕を頭の後ろに回す
  3. 両腕を腰の後ろに回す
  4. 手のひらを下に向けて、両腕を真横から真上にあげる

このときに痛みがでたりスムーズに動かないようでしたら四十肩・五十肩の可能性があります。

症状

四十肩・五十肩は、痛みの具合によって「急性期」「慢性期」に症状を分けられます。

前ぶれもなく鋭い痛みが発生する「急性期」では、突然片側の肩周辺に、指先までシビレるような激しい痛みが数日間~数週間続きます。

しばらくして「慢性期」に入ると、肩が動かしづらい日が続き、痛みは鋭い痛みから鈍い痛みに変わります。

通常は数週間から半年、長くても1年半ほどで自然に痛みが軽くなってきて、肩の動きも少しずつ改善してきますが、肩の関節の動く範囲が狭くなってしまうことが多いです。

原因

四十肩・五十肩の原因は、年齢とともに肩の関節や筋肉、肩周辺の組織が固くなったり縮んだり、石灰化するなどの変化が起こることで、炎症や痛みを引き起こすためと考えられています。

生活習慣やストレス、ホルモンバランスの変化などの要因が重なることも原因のひとつと考えられます。

対処法

  • 急性期:ムリに肩を動かしたり、重い荷物を持つなど、痛みを伴う動きはなるべく避け、安静に過ごす
  • 慢性期:痛みが引いてきた慢性期には、ムリをしないように日常の動作を積極的に行うように心がける

睡眠中は、筋肉の動きが少ないので体が冷えやすくなります。肩が冷えると痛みが強くなることもあります。肩が冷えないように、毛布やタオルケットを掛けるなどの工夫をしましょう。

慢性肩こり

1.背中が丸い姿勢でのデスクワーク

背中がまるい姿勢で長時間パソコンに向かっていると、首や肩周辺の筋肉に緊張が続くため、肩甲骨の内側や肩がこってきます。

2. 過度なストレス

肉体的、精神的にストレスを受けると、筋肉を緊張させる自律神経の働きが活発になります。そのために、肩周辺の筋肉が緊張して、肩がこります。いつもストレスを感じ、筋肉に余計な緊張状態が続くと、肩こりが慢性化することがあります。

3. 筋肉の疲労と血行不良

適度な運動が大切です。体を動かすことが少ないと、筋肉が普段あまり使われないので、筋肉の緊張や疲労が起こりやすく、肩や首がこってきます。運動不足は血行不良をまねき、肩こりの原因にもなります。

4. 眼精疲労

パソコンやスマホなどを長時間使うことによる目の疲れや、メガネの度が合っていないなど、目の筋肉の緊張や疲労が、肩こりの症状を引き起こすこともあります。

5. 冷えによる肩の筋肉の緊張、自律神経の乱れ

冷房の効いたところや寒い場所で過ごしていると、熱を逃がさないように体に不自然な力が入り、筋肉が緊張してしまいます。寒さによって自律神経の乱れを引き起こすために、筋肉の緊張が強まり、肩こりの原因となります。

対処法

1. 入浴で血行を良くする

38~40℃くらいのぬるめのお湯にゆっくりとつかりましょう。入浴後は、湯冷めしないように気をつけましょう。

2.  肩や首を冷やさない

夏の冷房の効きすぎや、冬の寒さで身を縮める筋肉の緊張は、肩こりの原因になります。
肩や首を冷やさないようにしましょう。

3. 適度な運動をする

ウォーキングやストレッチなど日頃から適度にカラダを動かし、血行をよくするようにしましょう。

4. 正しい姿勢で座り、仕事をする

パソコン作業をする際は、画面との距離を40cm以上離して、目線が下になるように位置を調節します。背筋を伸ばしてイスに深く腰を掛けて、キーボードの上に手をおいたときのひじの角度が90~100度くらいになるようにします。なるべく1時間に1回はストレッチなどで軽くカラダを動かすようにしましょう。

あなたも痛みのない、健康的な毎日を手に入れてください

症状が改善するまでの時間には個人差があります。長い年月、悪い状態が続いたからだは、『異常が正常』と勘違いして、脳が記憶しています。
そのため、整体を受けて1度は楽になっても、元の悪い状態に戻ろうとします。つらくなってからの来院を繰り返すと、なかなか悪い状態から抜け出せません。

元の悪い状態に戻る前に先手を打ち、整体を続けることで身体に変化が出てきます。 

痛みを起こす要因を排除し、身体をケアすることで症状はより早く改善されていきます。あきらめずに症状は良くなると信じて、元気な自分をイメージすることも大切なことです。

よく眠れるようになった」 「疲れにくくなった」 「姿勢が良くなった」 「イライラが減った」など、痛みの改善だけでなく、毎日がとても楽になり、健康的な生活に変わってくるのです。
  
そうなってくるとますます体調が良くなり、再発しにくい身体になっていくというわけです。

当院は身体に負担がかからないように短時間で施術をしますが、「必要最小限の刺激で、身体の治る力が最大限に発揮される」このシンプルで当たり前の考えを基に、身体の回復する力を引き出すお手伝いをしています。

痛みや違和感は身体からのサインです。無理をしたり、我慢をせずに早めの治療をおすすめします。

笑顔に満ちた毎日を過ごせるようにあなたを応援します。