偏頭痛の予防について

偏頭痛の予防はその誘因を避けることが大切

偏頭痛の症状が悪化する誘因には、

  • 光、騒音、におい
  • ストレス、寝すぎ・寝不足      など様々なものがあります。

自分の偏頭痛の誘因が何であるかを知って、それを避けるようにしてください。

また、生活習慣の乱れはストレスなどの誘因を引き起こすので、

  • 適切な睡眠時間
  • バランスの良い食事
  • お酒の飲みすぎやタバコを控える   など生活習慣を改善することも大切です。

日常生活における対策
太陽光の眩しさなどで頭痛が起こる場合サングラスを使用する、騒音などで頭痛が起こる場合は混雑時を避けて外出するというように、誘因となる刺激をできるだけ避けるように心がけてください。

また、偏頭痛はストレスや過労などでも起こりやすくなります。
日頃から運動などで気分転換をはかったり、ストレスを溜めこまないようにしましょう。

食生活における対策
アルコールやチョコレートで偏頭痛が誘発されると一般的にいわれていますが、個人差もありますし、人それぞれです。
なので、自分はこれを食べると頭痛が起こるという食品があるのであれば、その食品を避けるようにしましょう。

偏頭痛にはマグネシウムやビタミンB2 を摂取すると偏頭痛予防にもよいといわれています。

マグネシウムを多く含む食品
アーモンド、ひじき、落花生、豆腐、納豆、海苔、玄米、など…

ビタミンB2を多く含む食品
豚肉、玄米、うなぎ、レバー、ゴマ、ほうれん草など…

 

食事や生活習慣もとても大切ですが、痛みの原因を根本から改善して、元気に健康的な生活を送ってくださいね。

偏頭痛でお悩みなら新潟市中央区のからだ工房整体院におまかせください。