偏頭痛と相性が悪い食べ物について

偏頭痛に良くないもの

チーズとワイン
 
偏頭痛との相性が悪いアルコールがあります。
 
偏頭痛は食べ物や飲み物との関係が深いと言われていて、偏頭痛の原因となるものがあります。
食品によって痛みが発生しやすいものもあります。
 
偏頭痛に良くないといわれている食べ物
  • チョコレート
  • チーズ
  • アルコール類(特に赤ワイン)
チョコレートやチーズなどは血管を拡張させる物質を含んでおり偏頭痛を起こす原因になります。
 
アルコールは、血管拡張作用のある物質が頭痛を発生させる原因となっています。
赤ワインには、血管を拡張させるヒスタミンという物質が含まれています
 
偏頭痛はなんらかの原因で血管が拡張されて、神経が圧迫されて起こります。
チョコレート、チーズ、アルコールなどが同じ作用を起こしてしまうということです。
食べてはダメというわけではなく、食べすぎに注意することで頭痛の発生を抑えることが出来ると思います。
 
偏頭痛に効果があるといわれている食べ物
  • アーモンド
  • 大豆
  • ヒジキ
食物の成分で言えば、マグネシウムです。
これらの食材を上手く取り入れて頭痛に負けないからだを目指しましょう!
 
睡眠不足や寝過ぎ、ストレスなども頭痛の要因となるので、気を付けてください。
 
 
偏頭痛の治療なら
新潟市中央区のからだ工房整体院におまかせください