頭痛と気圧の関係について

天気が悪い日の頭痛

 
原因として、天気の悪い日は気圧が低くなります。この気圧の変化で、血管が拡張して頭の神経を圧迫してしまうことが考えられます。
 
また自律神経が乱れてしまうことも原因として考えられます。
自律神経は、起きて色々な活動をしている時に働く【交感神経】と、リラックスしている時に働く【副交感神経】がバランスよく切り替わることで成立っていますが、気圧の低い日はバランスが崩れやすくなってしまいます。
 
さらに頭痛だけでなく、腰痛や肩こりが悪化するのも、気圧の変化が大きく影響をします。低気圧により、血圧が下がり、身体に流れる血液の循環量が低下すると肩こりや腰痛が悪化。また自律神経のバランスの崩れによっても身体の不調が出てきます。心身ともに健康を維持できることが大切です。
 
天気が悪い日の頭痛にお悩みなら新潟市中央区のからだ工房整体院におまかせください